くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

何でもかんでも同時にできるわけじゃない!を受け入れる。

 

ランニング、朝の散歩「あさんぽ」、
プログラミング、動画編集、Webデザイン、
ブログ、note、料理、筋トレ、英会話、などなど。

 

やりたいことってたくさんあるけれど、
何でもかんでも同時にできるわけじゃなく、
同時にやったとしても、どれもが中途半端になってしまい、
時間がなくなり全部で挫折してしまう。

 

挫折せずに突出した何かのスキルを得る為には、
全部を同時にやるのではなく、
まずはどれか一つに絞って全力で取り組んでみる。

 

そんなことを綴っていきます。

 

 

 

悩まずにやりたいことは全部やろうと言うけれど

好きなことや、やりたいことを仕事にする為。


有名なインフルエンサーなどの中には、
やりたいと思ったことを、あれこれ考えていつまでも待機しているのではなく、
何でもかんでもとりあえず飛びついてやってみないと分からないから、

全部やっちゃえば良い!

みたいなことを発信している人がいます。

 

そういう人たちの発信を見ていくうちに、

いや、そういう発信を見ていなくても

自分の理想像としてなんでもできるんだ、

といういわば勘違い的な意識になってしまい、

本当になんでもやりたいと思ったことを無計画に

ただやり始めるという、その先にある挫折を想像もせずに

時間の浪費をしてしまっている。

そういう人って私以外にもいると思います。

 

確かに、やりたいと思ったことに対して、

色んなことを考えて、時間をかけてかけて、

それでも踏み出せずにいる。

そんな状態は良くないというのは分かりきったこと。

 

ただ、なんでもかんでも手当たり次第にやっては中途半端に流して終わり、

みたいなことは違っていて。

 

全部は同時にできないを受け入れる

本記事の初めに書きましたが、

プログラミング、動画編集、webデザイン、 

 ランニング、料理などなど、

これを同時に全部やっちゃうって、

単純に考えて時間が全く足りなくて、

全部は同時にできないってことが誰にでも分かると思います。

 

でも、思考停止していると、

今をときめく最前線で活躍している人たちは

とにかく楽しいと感じること、興味が湧いたことに

誰よりも早くハマってしまえと言っているから、

とりあえず手当たり次第にやろうとなってしまいます。

 

もし、そうなった時は、一度その場でに止まって、

考えてみましょう。

本当にそのやりたいと思ったことをする時間はありますか。

自分たちが持っている時間は限りあるもので、

何かをやろうとすると、これまでしていた何かを捨てて

時間を作り出す必要があります。

 

新たなことを手当たり次第。

正しいようで、正しくない判断。

自分の限りある時間を見つめてこそ、

やりたいことに費やせる時間が分かります。

 

立ち止まることも結果として進むことにつながります。

闇雲に逆走せずに、一度、全部は同時にできないを受け入れてみましょう。

 

どれか一つを全力でやってみる

全部は同時にできないを受け入れたとして、

じゃあ次はどうするかですが、

本当にやりたいことって何なんでしょうか。

 

これって、自分のことが分かっていないと、

一つを見出すことってすごく難しい。

 

私自身、一体何を一番したいのか、

どうなりたいのか、どうしていたいのか、

正直分かっていません。

 

自分のことを見つめて考える。

これがとても苦手で、自己理解の本やネット記事は

最近よく見かけるようになりましたし、実際に本を

買ってみたりもしてみました。

 

でも、なかなか自分を見つめ直す作業にハマるのが難しい。

思った以上に自分のことを知りません。

短絡的に浮かんでくる感情はそのまま出すことはできますが、

奥深い場所にあるものを見つけ出すのは簡単ではなく。

 

自己理解に関することは本記事では置いておきますが、

とにかく、何でもかんでもやろうとするのではなく、

まずは自分が今一番したいと感じていること一つに

絞ってみて、その一つに全力を注いでみる。

 

自分自身に向けた言葉ですが、これを実行していきます。

というわけで、ここ数ヶ月はランニングから朝活でプログラミングという

流れでいましたが、リスタートとしては言葉を紡ぐことに絞って

いきます。

 

言葉を紡ぐ。

ブログ、ライター業、物語書き、詩などなど。

とにかく言葉を書いていくことに注力していきます。

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

参考になれば幸いです。

 

では。