くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

全力で取り組むからこそ、感じることがある。

 

全力で取り組む。

 

これまでを改めて振り返ってみたけれど、

思ったよりもない、

というか一回もないんじゃないかとすら思える。

 

皆さんはどうですか?

あの時は全力だったな、とか

今目の前の仕事に全力で取り組んでいる、とか

そういうことが浮かんできますか?

 

その時々は全力だったんだろうけど、

思い返してみると、そんことないなと。

f:id:kusutanet:20200907223903j:image

 

スポーツにしても、

勉強にしても、

なんやかんやとしてれば一定のレベルには

達してしまうし、

周りにすごい人がいても、

すごくない人もいて、

上中下の「上」には入っていると

勝手に安心してしまって、

そこから全力じゃなくて、

なんとなく今の位置をキープする感じで

取り組んでしまう。

 

そんな感じで生きてきました。

というか、今もかもしれない。

 

同じような人って多いと思っていて、

ある程度できたらもうこれでいいやって思ってしまう。

 

なぜか全力でやり続けることがカッコ悪いみたいに思って。

今の自分だと、逆に全力で取り組めない、全力を出そうと思っても

全力になれない、みたいなダサいことを考えてしまう自分が

実際にここにいることにガクりとしまう。

 

そんなことをしゅうへいさんのVoicyを聞いて痛烈に感じた。

(2020年9月6日放送)最近いつ泣きましたか?努力してないと涙が出なくなる/ Voicy - 今日を彩るボイスメディア

 

全力で取り組んでいるから、分かることがあるし、感じることがある。

全力じゃないと、ある人が言っていることがどこかフワッとして理解できない。

そんなことを感じ、

気づかされ、

全力で取り組むということに、

今更ながら挑戦する。

 

朝活も、

ランニングも、

プログラミングも。

 

いろんなことが惰性で取り組んでしまっている。

全力で取り組むってのがどんな状態かが分かっていないけれど、

誰かとそんな話をする時に、

少なくともその誰かがこいつ全力で行動してるな

って思ってもらうような行動をする。

 

いつになったら動き出せるんだ?

そうやって自問自答しながら、

自戒を込めて。

f:id:kusutanet:20200907223933j:image

 

お読みいただき、ありがとうございます。

では。