くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

【書評・読書】「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略〜著者:やまもとりゅうけんさん〜

 

このままでは嫌だと、日々の生活、仕事に取り組む中で感じていながらも、初めの一歩を踏み出すだけで継続できていない。

 

そんなことってありませんか?

 

実際、私はそんな感じの日々が数年続いています。

 

具体例としては、ブログを書いたり、プログラミングを学習したりと、毎日毎日コツコツ継続できるのって数ヶ月が限度で、どれも目に見える成果が出ないうちに止めては、またどこかで急にやる気になって同じ道を辿る。

 

こういったことの繰り返しです。

 

今回の書評記事では、オンラインサロン「人生逃げ切りサロン」を運営されている<やまもとりゅうけん>さんの著書である

「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略

について書いていきます。

※というか、すでにnoteで書いているので、note記事をリンクしている記事となります。

 手抜き感満載の記事で申し訳ありませんw

 

人生逃げ切り戦略

本書の中で「人生逃げ切り」がどういうものか、というのを以下の通り定義しています。

「経済的な不安が限りなくゼロに近づいた状態」かつ「面倒な人間関係や誰かに決められた場所・時間に縛られない状態」

これを実践して実現させていく為の思考や戦略が本書に書かれているわけです。 

f:id:kusutanet:20200619142037j:image

 

紹介している本書の内容の一部

noteで書いた記事のリンクを貼っておきます。

ご興味がございましたら以下リンクからお読みいただけると嬉しいです。 

#1 より多くの反響を得るには〜「知っているかいないか」で差がつく!人生逃げ切り戦略〜|くす太|note

#2 継続できないを、自分の力で継続できるに変える一つの方法〜人生逃げ切り戦略本〜|くす太|note

#3 副業から始めて複業にしていく〜人生逃げ切り戦略を読んで〜|くす太|note

#4 総評・書評【「知っているかいないか」で大きく差がつく!人生逃げ切り戦略」】を読んで|くす太|note 

 

さぁ!ここからだ!

本書は自己啓発とはまた違って実践的に行動をする上でこういうのがあるよって書いてくれているものですが、これまでに自己啓発系の本やビジネス本といわれるものをそれなりに読んできましたが、いつも読んでいる時、読み終わった時は行動しているんですが、数日、数週間、数ヶ月が経過すると、その時の勢いってなくなっているんですよね。

「そう、そう!」って共感してくれる方、すごい多いと思いますが。

 

でも、これを繰り返すんなら、時間もお金も浪費しているだけで、現状なんてこれっぽっちも変わらなくて。

それが嫌だからいつも本を読んだりしているんだけど。

 

新型コロナウイルスによって価値観がこれまで以上に明確になったなと。

今の仕事、つまりは本業はとても自分にとってストレス、負荷のかかるもので、我慢の上で成り立っていたというね。

 

変えられるのは他人ではなく、自分だから。

もう一度しっかりと行動し、継続して、絶対に変わります。

この言葉が嘘にならないように。。 

 

では。