くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

【ネタバレあり・坂道がMTBレースに初参戦】MTB編の「弱虫ペダル」の579話がヤバいくらいワクワクする!(週刊少年チャンピオン)

 

どうも、くす太です。

 

2020年2月20日発売の週刊少年チャンピオンに掲載されている

弱虫ペダル」の579話

がヤバいくらいにワクワクする内容でした。

 

 

高校のロードレースの世界で2年連続一位を獲得した小野田坂道が、ロードレースではなく、MTB・マウンテンバイクの世界で高校生レーサーの雉と出会い、MTBに魅了されていく展開を見せています。

 

前話では、MTBレースを生で観覧し、ロードレースとは違う孤独な戦いでありながら、ヒリヒリとしたレースに魅了されている坂道。

すごいレースだと思っていた矢先、雉の計らいで初心者のレースに参戦することに!

いやはや、どうなっていくのでしょうか。

 

 

 

弱虫ペダルはどんなマンガ? 

弱虫ペダルの主人公は小野田坂道というオタク少年。

これだけだとなんの話?となりますが、坂道の住まいや趣味に関連して、自転車の筋力や才能、地力が育まれ、ひょんなことから出会うロードレースの世界でいろんな能力が開花していくサクセスストーリーのマンガ。

 

山奥の家まで結構な距離の坂が続く家に住んでおり、オタクということでよく秋葉原に通う小野田坂道。

移動手段は自転車。

坂道と長距離を普段から自転車で移動している為、驚異的な自転車の能力が、本人も気づかないうちに身に付いており、総北高校に入ることで、今泉や鳴子といった自転車の世界ではすでに名の知れた人と出会い、仲間となり、短期間ではありますが、徐々に能力が開花されていきます。

 

自転車に、チーム競技であるロードレースにどんどん魅了されていく坂道。

自転車競技のロードレースを通して仲間ができ、成長していく坂道。

ライバルとの勝負も、チームでのレースも、他のキャラたちの成長なども面白いマンガです。

弱虫ペダル(63)

 

弱虫ペダルの579話

高校生レーサーの雉がこっそりエントリーしていたMTBレースに坂道が参戦することに。

 

 

使用するMTBは雉が以前使用していたものですが、このMTBではこれまでに一度も負けたことがない自転車。

 

プレシャーに、重圧に感じそうなものですが、MTBにまたがった瞬間に雰囲気が変わって、オーラーが出始めた坂道は怖気付くことなく、初参戦のMTBレースで勝とうとします。

 

ロードレースの世界では実力も実績もある坂道。

同じ自転車とはいえ、レースも戦い方も、全てが違うMTB。

 

そんな初めての世界で坂道はどう戦うのでしょうか。

 

 

 

自転車にまたがった瞬間に変わる坂道のオーラからは期待しかできません! 

 

では。