くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

40km超走から2週間。やっと普通に歩けるようになりました。〜足を癒す為にやった3つのこと〜

 

 

どうも、くす太です。

 

 

2月26日に突如行った40km超走。

※その時の記事はこちら。

【無謀な挑戦、されど経験、次への糧に】ハーフとフルではどえらい違いだった。フルマラソンを完走するために! - くす太net

 

 

走っている途中から、とんでも痛みが両足の甲を襲い、歩くことすら苦痛に。

 

なんとか家に帰れましたが、足の甲の痛みは増すばかり。

 

これって折れてるかも??!

 

ってくらいの痛みでした。

 

 

あれから2週間が経過し、やっとこさ普通に歩けるようになりました。

 

2週間、ただただ安静にしていたというのもありますが、なるべく早く回復するようにと、3つのことを行いました。

 

 

良い影響も悪い影響もありました。。

 

 

 

 

両足の甲の痛みと向き合う

20km超くらいから両足の甲に痛みが出だし、あっという間にまともに歩くことも難しくなっていきました。

 

初めての距離のランニングで、かつてないほどの痛み。

 

この痛みは全然治ることなく、10日間くらいはとぼとぼと歩くのやっと。

 

マジで靴を履いているのも苦痛というレベルでした。

 

そんな痛みも2週間で普通に歩けるようになりました。

 

特に目立った特別のことをしたわけではないですが、少しでも早く治るように、試した3つのことを書いていきます。

 

 

1、サロンパスを貼る

ひたすらサロンパスを足の甲に貼りました。

小さめサイズ。

 

足の甲に2枚。

朝に貼って夕方くらいに剥がす。

 

お風呂から出て少ししたらまた足の甲に2枚貼る。

これの繰り返し。

 

初めのうちはなんか効果ありそうって感じでいましたが、落とし穴がありました。

 

足の甲がサロンパスに負け始めました。

皮膚は赤くなり、痒くなり、少し荒れる感じに。

 

こうなっては悪化する一途なので、すぐにサロンパスを中止。

 

なんでもほどほどに!!

 

 

2、自転車で通う

足の甲を痛めるまでは駅まで歩いていました。

行動のほとんどが歩き。

 

でも、40km超走の翌日から痛みMAXだった為、家から数mで歩いて駅まで行くのを断念。

 

それからは自転車で駅まで行っています。

自転車を漕ぐことには支障はなく、足の甲にも痛みはありませんでした。

 

いつもよりも早く駅まで着き、ゆっくり歩いての通勤でも、これまでと変わらずの移動が出来ました。

 

 

3、ただただ歩かない

やっぱり治すのは、負荷をかけないのがベスト!

 

ってことで休みの日は極力歩かない。

 

特に靴を履くことを避けました。

 

足の甲に圧がかからないように心掛け、足を癒しまくりました。

 

負荷をかけなかったのが良かったのか、休みの翌日は足の甲が良い感じになってきているのを実感出来ました。

 

痛みには安静が一番大事!

 

 

最後に

自分の限界を知る為にも、限界を超える為にも、無茶は多少なりとも必要ですが、やり過ぎはいろんなところで支障が出る為、適度な無茶を心掛けようと思います。

 

無茶を少しずつ強めて、限界突破!

 

今年こそはフルマラソンの大会に出て完走してみせます。

 

目指すは大阪マラソンなり

 

 

では。