くす太net

『くす太』というマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・ランニング・日常のことまで。たま〜にマンション管理について。

怒るもいいけど、検証と改善を〜飲食店で一悶着からのPDCA〜

どうも、くす太です。

 

 

 

つい先日のことですが。

 

仕事の関係で展示会に行き、その後にちょいとした食事に行きました。

 

食事っていうか単に飲みにって感じですが。

 

 

 

お店に入ってすぐに、

人数不足?

と思いました。

 

 

理由はお店に入っても店員さんが出てこない。

 

呼び鈴を押しても、何度か押しても出てこない。

 

あれ?あれ?

って思いながらも、店員さんを待ち、受付してもらって席へ移動。

 

 

通された席ですぐに異変に気付きました。

 

広めの席で間仕切り戸が外されており、その戸が単に壁に立てかけられていました。

 

固定しているわけではなく、立てかけられているだけ。

 

危ないなと思いつつも、そのまま席に着き、飲み物を頼んで、とりあえずお疲れ様の乾杯を。

 

 

さぁご飯を食べよう!

 

という矢先に立てかけていた戸がいきなりこちら側に

 

 

バーーーーーーン!!!

 

 

と倒れてきました。

 

 

 

とっさに手でなんとか止めることはできましたが、少し手に傷が。

ちょっと切れたくらいの軽傷。

 

 

テーブルの上の食事が飛び散ることもなく、すぐに店員さんを呼んで倒れてきた戸を移動させました。

 

 

この時にも店員さんは1人しか来ず、対応にあたふた。

 

 

そんな中。

 

一緒に来ていた1人がまぁまぁなテンションでクレームを言いそうになった為、なんやかんやして止めました。

 

 

クレームや苦言、苦情を言いたい気持ちも当然分かりますが、起こってしまったことは仕方がありません。

 

起こったことに対して感情をぶつけてもなにも解決しない。

自分の気持ちを晴らすだけになります。

刺々しい感情をぶつけられた相手のことは気にせずに。

 

それってなんの意味もない気がして、特に文句は伝えませんでした。

 

※机の食事が飛び散って服が汚れたりしていれば、クリーニング代くらいは請求しますが。

 

 

対応していた店員さんはアルバイトで入っている人だと思いますし、人が足りない状態を招いたのもその店員さんが悪いわけではなく。

 

間仕切り戸の扱い方に間違いはあったと思いますが、それも過ぎたことで、再発しないようにこれからどうすれば良いかをお店として考えてもらえればいいじゃんというのが私の考えです。

 

 

今回起きたのはなぜかというのを検証し、再発させずにより良いサービス提供をするにはどうしたらいいかを考える。

 

いわゆるPDCA?的なところでもあると思いますが、そうなれば今回のことは単に過ぎたことで良い。

 

 

ワァワァと言ってしまうことで、その食事会の雰囲気も良くなるわけがないし、なかったことにして楽しむ方が何倍も面白い。

 

怒るという負の感情よりも、

楽しい、面白いという正の感情で自分を満たしていたい。

 

 

そう強く感じた一悶着でした。

 

 

 

では。