くす太net

『くす太』というマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・ランニング・日常のことまで。たま〜にマンション管理について。

昼下がりの公園で佇み思うこと〜2018.11.23〜

 

 

秋から冬へと進む季節

 

 

日に日に気温は下がって寒くなる

 

 

f:id:kusutanet:20181123140706j:image

 

 

太陽が顔を出せば暑いと思っていた日々はいつ間にやら懐かしく感じる

 

 

それでも太陽が顔を出すと暖かい気分になれる

 

 

f:id:kusutanet:20181123140738j:image

 

 

風が吹けば手や顔だけでなく心も冷たくなるような

 

 

そう感じさせる空気が満ちている

 

 

木々は生き生きとした緑だったのに

 

 

f:id:kusutanet:20181123140926j:image

 

 

寒さに耐えるような淡い色合いへと変わっている

 

 

f:id:kusutanet:20181123140751j:image

 

 

紅葉といわれるようなある種の美に移るものあれば

 

 

枯れと呼ばれるものもある

 

 

人によって感じ方はそれぞれ

 

 

良いも悪いも人の数だけ溢れている

 

 

大人は手がかじかんで冷たくなったとしても

 

 

子どもは気にせず走り回る

 

 

f:id:kusutanet:20181123140818j:image

 

 

人によって違うのだから

 

 

大人と子どもでも違うし

 

 

子どもによっても違うもの

 

 

そうは思っているけれど

 

 

目の前に広がる今の光景に

 

 

子どもはやっぱりすげぇなと

 

 

f:id:kusutanet:20181123140901j:image

 

 

ダウンジャケットを着込んで佇む自分あり

 

 

そんな昼下がりの公園なう