くす太net

『くす太』というマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・ランニング・日常のことまで。たま〜にマンション管理について。

【撮影写真と詩的なもの】2018年7月29日〜台風が過ぎ去りし朝、そして夕〜※しるし本で繋ぐ「へんてこ図書館」について少し。。

どうも、くす太です。

 

今日は1週間ぶりの休日コックで、

  • チヂミ
  • 焼きそば
  • 春雨サラダ

を作り、家事にコミットしました。

※本記事の写真は2018年7月29日のものですが、記事自体は30日に書いています。

 

とはいっても3割くらいは嫁さんにしてもらったので、単独稼働は出来ずでした。

 

出来上がった時間もいつもよりも30分くらい遅いらしく、やっぱりタイムマネジメントは大事なんだと思いました。(単独稼働だと17時にはスタートしなければ)

 

では、休日コックの記事ではありませんが、台風が通過した朝、そして夕方に撮影した写真とともに詩的なものをお送りいたします。 

 

 

過ぎ去りし朝

台風が去った。

 

深夜にかけて暴れに暴れた台風が過ぎ去っていた。

 

過ぎ去るまでに幾度なく風と雨をぶつけ。

 

木を揺らし、家を揺らしながら。

 

朝。

 

外を見てみると。

 

どんよりとした雲と綺麗な青空が一緒にいる。 

f:id:kusutanet:20180729232249j:image

 

台風は過ぎたようで過ぎていないのか。

 

右を見ても、左を見ても、共存している空。 

 

風は相変わらず強く吹いている。

 

空気は少し涼しい。

 

台風一過みたいな天気ではないけれど。

 

寝ていた時の怖さはほとんどなく。

 

少し変化のある風景がそこにはあった。
f:id:kusutanet:20180729232239j:image

 

そして夕

あれから数時間。

 

時が過ぎていく中で。

 

変わるものがあった。

 

それは空だ。

 

完全な青空だと。

 

時による変化は感じにくいけど。

 

雲があると分かりやすい。
f:id:kusutanet:20180729232236j:image

 

刻一刻と変化していく雲。

 

台風の後でも同じだ。

 

朝にあった雲はどこかへ行き。

 

なかった雲が現れては消えていく。

 

風は変わらず強いけど。

 

それでも時が経ったことを教えてくれている。

 

朝の異変も夕には元通り。

 

簡単なことでも。

 

単純なことでもないけれど。

 

元に戻って先へ進む。
f:id:kusutanet:20180729232244j:image

 

<PS>

キングコング西野さんが始めたサービス『しるし書店』。

 

読んだ人の視点や気付きが本に記されたり、付箋がつけられたりしている状態で販売されています。

 

普通であれば中古本としてブックオフなどで販売できない状態になっているんですが、『しるし書店』ではその店主の視点が売りになっている為、いわゆる<しるし本>が売られています。

 

その<しるし本>をグループで作るというか、一冊の本に多くの人の視点や気付きを記していくという活動を、

<へんてこ図書館>

というところがしています。

f:id:kusutanet:20180729232309j:image

 

しるし本ならぬ、へんてこ本を繋いでいるグループに参加しているんですが、これが面白いんです。

 

元のしるし書店で扱われているしるし本は見たことがないんですが、へんてこ図書館のへんてこ本には多くの気付きや色んな人の視点が刻まれています。

 

同じ一冊の本を読んでいるんですが、気になるところやチェックを入れるところはみんな違っており、刻まれたしるしを見ることで更なる気付きを得ることが出来ます。

 

インターネットが普及し、多くの人たちが利用している中で、やっぱり重要だと感じるのはリアルな繋がりだと思います。

インターネットの繋がりをデジタルだとすると、リアルな繋がりはアナログ。

 

デジタルが拡張されるからこそのアナログが最も重要になるのが今の時代。

ネットばかりではなく、リアルな出逢いも大切にしたいです。 

 

では。