くす太net

『くす太』という管理会社に従事するマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・日常・マンション管理のことなど。

【超初心者ランナーの挑戦!】2018年の大阪マラソン・神戸マラソンの抽選結果発表の日~はたして当選することは出来たのか~

どうも、くす太です。

 

2017年12月に突然始めたランニング。

超初心者ではありますが、

定めた目標は

2018年中にフルマラソンを完走すること!

 

数多くあるフルマラソンの大会ですが、その中でも、

大阪マラソン

神戸マラソン

京都マラソン

に出走したいと思い、2018年4月に大阪マラソンと神戸マラソンに出走エントリーしました。

※京都マラソンは開催月が違う為、出走エントリーは8月の予定です。

 

予想通りの大量エントリーにより抽選となり、本日、2018年6月12日にその抽選結果が発表されました。

 

先にTwitter(くす太(@kusutanet) | Twitter)で想いを吐露してしまいましたが、改めて抽選結果などの報告をしていきたいと思います。

f:id:kusutanet:20180612221822j:image

 

 

さっそく抽選結果

待ちに待った抽選結果、当落の発表日。

※本当は今日が結果発表の日というのは忘れていました。w

Twitterのタイムラインで当選したというツイートを見かけて思いだしました。

 

大阪マラソンも神戸マラソンも、結果はメールで届くようなので待っていたところ、先に来たのは神戸マラソンの結果通知。

 

おそるおそるスマホを見てみると、

「落選」

の2文字が。。。

 

少しショックを受けましたが、本命は大阪マラソンということにし、気分を切り替えました。

 

大阪マラソンの結果通知メールは届いていませんでしたが、どうやらエントリーしたサイトでも結果を確認出来るということだったので、すぐにアクセスしてみました。

 

ログインをして結果通知を見たところ、

なんと、

なんと、

「落選」

の2文字が。。。

 

さっきと同じ文字が並んでいる。

見間違いかと思いましたが、そんなことはなく、ランニングを始めたばかりの超初心者ランナーの初エントリーは落選という結果になってしまいました。

 

マジか~~~!!!

という感じです。

f:id:kusutanet:20180612221929j:image

 

結果を受けて

スケジュール帳にも記載していた大阪マラソンと神戸マラソンの出走予定。

年間の予定が少し狂ってしまいました。

 

これからどうっすかなぁ~と大層に考えてみたんですが、単純に大阪マラソンと神戸マラソンに2018年は出走することが出来ないというだけですし、自分のランニングに悪影響があるわけではなく、マラソン大会は他にも開催している上に、なんなら大会に出ずとも非公開で走ることだって出来ます。

 

そもそも大会での結果が大事なのではなく、自分が走ったという証明が出来ればいいだけだということに気付きました。

 

だから、この落選も意味あるものだということです。

f:id:kusutanet:20180612222002j:image

 

これからどうする?

さぁ、これからランニングをどうしていくかというところですが、おそらく大阪マラソンも神戸マラソンも追加抽選があるのではないかと考えています。

というのも、出走料を払わない人が一定数いると思われ、その人たちが当選取り消しになることが予想されるからです。

 

しかも、大阪マラソンと神戸マラソンの出走日は2018年11月18日と25日という1週間しか間がなく、私自身もそうですが、2大会ともにエントリーしているが為に片方をやめるということが考えられます。

 

気分を切り替えたといったばかりですが、未練たらたらで追加抽選を待っています。w

 

さらに出走日は2019年になりますが、京都マラソンのエントリーが2018年8月に予定されているので、当然そちらにもエントリーします。

 

3大大会の話はここまでとして、自分のランニングについては継続して、時間を確保して少しずつレベルアップをし、気分爽快にフルマラソンを走れるようになっていきたいと考えています。

 

本記事では最後となりますが、

やっぱ大阪マラソン走りたかったーーーーー!! 

f:id:kusutanet:20180612222030j:image

 

では。

 

<PS>

来る2018年6月22日。

あの箕輪厚介さんのトークショーが梅田で開催されます。

気になりつつも時間的に厳しいかなとためらっていましたが、こんな機会はそんなにないと考え、本日(12日)予約してきました。

 

箕輪編集室のものすごい勢いも、当然の編集力も、学んで盗んで糧にしたいと思います。

楽しみです!!