くす太net

書評、ランニング、写真、日々のことなど。

働くということ

【勝てる場所で戦う!ってこういうこと?】Bluetoothイヤホンを紹介するなら〜イケハヤさんのVoicyで考えたこと〜

「勝てる場所で戦う!」ってことについて、イケハヤさんのVoicyを聴いて考えたことを書きました。思いついたのはBluetoothイヤホンのこと。冒頭の言葉の意味とは。。

分業制が機能しない2つの例と対策〜無責任で任務を全うしない人とは距離をとる〜

分業制。キングコング西野亮廣さんの絵本「えんとつ町のプペル」は分業制で作成され、大ヒット。2020年12月25日には映画が公開される。分業制はそれぞれの得意分野の掛け合わせ、融合して最大の成果物を作り上げる。分業するにはそれぞれが機能しないといけ…

何でもかんでも同時にできるわけじゃない!を受け入れる。

興味や関心ごとの全てに手を出そうという考え方がありますが、自分の時間は有限で、全部を同時にできないということをまずは受け入れましょう。その上で今時間が一番やりたいことは何なのか、一つをまずは全力で取り組む。そんなことを綴った記事です。

紙に全てを書き出し、仕事を効率よく円滑に進める〜頭の整理整頓術〜

頭の中の整理整頓術の一つ「紙に全てを書き出す」。色んなところに情報をバラけさせておいたり、頭の中だけに留めずに、一度全て紙に書き出して、優先順位をつけて、一つ一つ処理していこうという記事です。

朝の散歩「あさんぽ」とランニング「朝ラン」の使い分け、からの朝活習慣作り

朝活。朝の時間をランニングをする人もいれば、学習時間に使う人もいる。限られた時間なので、どちらかしかできないかもですが、散歩を組み合わせることで、運動と学習を上手く融合させて、より有意義な朝にできると確信。新たな朝活習慣の取組みについて書…

全力で取り組むからこそ、感じることがある。

全力で取り組むからこそ、分かること、感じることがある。振り返ってると、これまで全力で考えて行動したことって何度あるだろうか。もしかしたらないのかもしれない。その時は全力だと思っていたんだろうけど。そんな記事です。

「やれること、できること」を増やして「やりたいこと」を見つける〜人生攻略ロードマップ〜

やりたいことを見つけるには、やれること、できること、つまりはスキルを習得しよう。著者の迫さんの「人生攻略ロードマップ」を読んでの感想です。

思考が生存本能の邪魔をする〜「チーズはどこへ消えた?」を読んで〜

「チーズはどこへ消えた?」の書評記事。いわゆる成功とも言えるチーズ。迷路で見つけたチーズがなくなったことで、思考と行動について考え抜くことができる物語が綴られています。とても面白い一冊でオススメです。

知るには行動が一番。

何かを知るには、行動することが一番。行動しなければ、それは誰かから誰かへの伝え聞。本当に知りたいことは自分で行動しよう。

オフラインの「在宅勤務・リモートワーク」と出社勤務のジレンマ

勤め先の特殊な環境ではありますが、リモートワークと在宅勤務、そして出社勤務に感じたジレンマ。休み明けの月曜日出社で感じたことを綴った記事。

資料作りも「他者目線」

「他者目線」の重要性。 資料作りの実例を踏まえて感じたことを書きました。

物理的な断捨離が心に隙間を作ってゆとりを生む。

多くの出来事やモノがあることで、物理的にも精神的にもいっぱいいっぱいになっていませんか。そんな時はいっそのこと、物理的な断捨離をしてみましょう。そうすることで多面的な余裕を生みます。実体験からの記事です。

仕事を円滑に進めるのなら、真っ先に「やらないといけないことを処理」しよう!

仕事は円滑に進んでいますか?仕事がたくさんあってなかなか進まないと思っている方。やらないといけないことを真っ先に処理しましょう。実体験に基づく記事です。

【書評・読書】「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略〜著者:やまもとりゅうけんさん〜

「知っているかいないか」で大きな差がつく!人生逃げ切り戦略の書評記事です。著者は人生逃げ切りサロンを運営されている、やまもとりゅうけんさん。実際に出会ってはいませんが、りゅうけんさんを知って、改めて自分を変えようと思い、行動に移し始めたキ…

「人生逃げ切りサロン」入会〜2020年6月13日の朝〜

どうも、くす太です。「人生逃げ切りサロン」に入会しました。2020年6月13日の朝のこと。サロンオーナーやまもとりゅうけんさんの著書やYouTubeを見ていて、やっとこさの決心。これからどうなるか、暖かい目で見守っていただけると幸いです。

【なぜ誤解されてしまうのか?】コミュニケーション・対話の不足が原因〜課題の分離も重要〜

どうも、くす太です。休みの間になぜかそれほどの関係性もない相手からキレらていました。その出来事を受けて、なぜ誤解されてしまうのかについて考察。原因はコミュニケーション不足なのか?

近くで見ている時と遠くから見ている時では感じることが違う〜遠くから見ている時に感じていることを意識する〜(特に息子を見ていて)

どうも、くす太です。 仕事でも子育てでも共通していることだと思いますが、近い距離感で見ている時と、一歩、そして二歩三歩と離れて、遠くから見ている時とでは、感じることが違います。 感じることというか、そもそも見えている範囲も、ものや出来事も違…

「才能の正体」著者の坪田信貴さんと〈吉本興業〉社長の大崎洋さんのトークライブ with サクラ大戦などの広井王子さん〜才能だらけのお祭りイベント〜

2018年12月10日。「才能の正体」の著者である坪田信貴さんと、吉本興業社長の大崎洋さんのトークライブイベントが、グランフロント大阪のナレッジシアターで開催。NewsPicks主催の無料イベントに参加した感想などを書いています。

資料やデータの整理ってめちゃくちゃ大事!!〜他者目線を意識しよう〜

どうも、くす太です。 他者目線ってめちゃくちゃ大事!!! 転職して早5ヵ月が経とうとしています。 地震や台風の影響でまだ少し業務量に影響はありますが、少しずつ平常モードになってきているといった感じ。 ※被害が甚大かつ広範囲に及んでいるため、復旧…

【ワーク・アズ・ライフで百姓になる!自分のために、周りのために、世界のために】落合陽一さんの「日本再興戦略」読了。~感想書評レビュー~

どうも、くす太です。現代の魔法使いであり、近未来の百姓である落合陽一さんの「日本再興戦略」を読みました。落合さんといえば最新テクノロジーを駆使したアーティストといったイメージを抱いていますが、とにもかくにもスンゲェ落合さんの思考に触れられ…

【通勤をノーストレスにする方法】満員電車に乗らずに各駅停車の普通電車に乗ろう!~座れて、ゆっくり、読書も出来る~

どうも、くす太です。 転職をしたのが2018年6月。 1ヶ月半が経過しました。 勤務地は以前よりも近くなりましたが、まぁ前と変わらず電車通勤をしています。 電車通勤ということで、以前にこんな記事を書きました。 こんな記事を書いていたにも関わらず、前職…

2018年も半分が経過しました~ランニング・読書・仕事・地震などについて~

どうも、くす太です。2018年も半分が過ぎました。振り返りはほどほどに、近況を少し書いていきたいと思います。ランニング、仕事、読書、ブログ、地震についてです。

【誰よりも考えて、誰よりも動け】箕輪厚介さんトークショーに行ってきた〜2018年6月22日〜

どうも、くす太です。大ヒット書籍を生み出し続けている天才編集者・箕輪厚介さんのトークショー「誰よりも考えて、誰よりも動け」に行ってきました。今を全力で楽しんでいる姿がそこにはありました。

【仕事のこと】2018年6月に転職!14日間を経過して感じるところ~仕事=我慢を破壊するには行動しかない!~

どうも、くす太です。起業やフリーランスがブームな感じになっていますが、私事ではありますが、転職しました。転職から14日間を経過して感じていることを書いています。

【一番難しいけれど、圧倒的な努力は絶対に必要だ!】見城徹さんの「たった一人の熱狂」読了~感想書評レビュー~

どうも、くす太です。今話題の幻冬舎の代表取締役社長である見城徹さんが書かれた「たった一人の熱狂」を読みました。表紙からも伝わってくる圧倒的なエネルギー。ぜひともご一読下さい。

【家事にコミット!奥様に休日を】今まで逃げてきた料理に「休日コック」として挑戦中~

どうも、くす太です。突然ですが、家事にコミットする「休日コック」を始めました。起点は専業主婦の大変さ、休むタイミングがないというところです。奥様に休日をという目的からのスタートです。

はあちゅうさんの新刊出版イベントに行ってきた〜「自分」を仕事にする生き方〜2018年2月24日大阪蔦屋書店にて

どうも、くす太です。はあちゅうさんの【「自分」を仕事にする生き方】の出版イベント・講演会に行ってきました。初生はあちゅうさんということでワクワクドキドキの中で参加した感想を書いていきます。

これからの時代はアナログなことが仕事になる!~人工知能・AI時代の生き方は~

どうも、くす太です。人工知能・AI時代が到来する中で、これからの時代はアナログなことが仕事になると考えています。日々の仕事にモヤモヤする、そんな日常でこれからの仕事について考えてみました。

【人生は全て自分の時間。だから仕事の時間も自分の時間】はあちゅうさんの<「自分」を仕事にする生き方>を読了〜感想書評レビュー〜

どうも、くす太です。はあちゅうさんの「自分」を仕事にする生き方、読了。個人を仕事にする、そういったことが当たり前になる時代が間もなく来ます。気付かないだけで、すぐそこまで来ています。時代の波に気付く一冊!

自分じゃない誰かや社会の為というけれど、色々考えてみると「全ては自分の為。」というのが本質だと思った。でも、それでも寄り添い支え合える社会が良いし、そんな自分でいたい。

どうも、くす太です。最近よく、若者の為に、高齢者の為に、家族の為に、など、自分以外の誰かの為に自分は行動しているという言葉を聞きますが、本質的には「全ては自分の為」に行動しているんだということを書きました。