くす太net

『くす太』という管理会社に従事するマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・日常・マンション管理のことなど。

【強風時はテント設営に注意が必要です!自然の中での生活は気分転換に最適♬】二泊三日で岡山県にある島「前島」のサンビーチにキャンプへ行ってきた!!~やっぱ焚き火最高~

どうも、くす太です。

 

2018年5月のゴールデンウィーク。

今回は二泊三日で

岡山県にある前島というところの

サンビーチ

でキャンプをしてきました。

(2018年5月3日・4日・5日)

 

これまでにキャンプは3回行っている為、今回は4回目のキャンプとなります。

キャンプの度に寒さ(特に夜)と格闘するんですが、今回は

強風

と壮絶なる格闘をしました。

※前回のキャンプでは終始雨降りという雨との格闘でした。

 

それでも毎回のキャンプで感じるのは、自然の中での生活は

不便でありながらも気分転換に最適

ということ。

 

それでは、岡山県の前島のサンビーチでキャンプをした感想などを書いていきます。

f:id:kusutanet:20180509002536j:image

 

 

前島サンビーチのキャンプ場

岡山県にある島、前島というところにサンビーチのキャンプ場はあります。

キャンプ場はビーチとセットになっている為、砂浜のすぐ近くにテントを建て、車もすぐ近くに止めることが出来ます。

※混雑時はテント近くではなく、駐車スペースに置くことになるようです。

 

 

前島には岡山県の牛窓にある港からフェリーに乗るんですが、車ごとフェリーに乗れる為、ものすごく移動には便利なんですが、びっくりするのが乗船時間。

 

なんと乗船時間はたったの7分!!

f:id:kusutanet:20180509002649j:image

 

体感時間でいうと7分もなく、あっという間にカップラーメンが出来上がりそうな3分程度。

 

あまりにも短い時間の為、行きはすぐに前島に到着してしまい、フェリー内の探索は一瞬といった感じでした。

帰りは行きの経験があったことから、車でフェリーに乗り込むや否や車から降りて、フェリー内をなんとか探索することが出来ました。

※短いと分かっていつつも、バタバタしたフェリー乗船でした。このバタバタ感も楽しかったのでオールオッケー♬

 

前島到着後、いざサンビーチへ

フェリーが前島の港に着くと、車でそのまま移動することが出来る為、さっそくサンビーチを目指しました。

 

前島という島のスケール感がいまいち掴めていなかった為、距離感などは分かっていませんでしたが、思った以上のアップダウンの道中ですぐに山の中へ入って気付けばキャンプ場といった感じ。

 

着いたーーー!!

 

ということでキャンプ場の管理者の方にテント設営箇所を誘導してもらい、すぐ横に車を止めて、子どもたちを降ろして自分も車から降りました。

 

降りた瞬間に感じこと。

 

風が強すぎる!

 

強風も強風であり、車から降りた瞬間、オールバック!

よぎった不安は

テント建てれる?!!これ!

 

しかも、空模様は怪しく黒い雲が。。。

f:id:kusutanet:20180509002729j:image

 

サンビーチでのキャンプ

浜風というのかエゲツないレベルの強風が吹き荒れる中、呆然としてただただ時が過ぎるのは無駄であり、テントを設営しないわけにはいかないので、意を決してテント設営へ。

※真っ先に友人が動いてくれた為、行動力に引っ張られる形で動きました。

 

案の定ですが強風が邪魔をするわで大変な状況が続きました。

 

風でテント自体がなびき過ぎて飛んで行きそうになるわ

支柱となるポールがびっくりするくらい変形するわ

砂浜がすぐそこなので固定の為のペグが利きづらいわ

 

なんやかんやとてんやわんやでしたが、なんとかテントを設営することが出来ました。

※やれば出来るという体験。貴重です。

f:id:kusutanet:20180509002846j:image

 

我が家のテントは大きいものではなく、前室もないようなサイズの為、苦労はしましたが思った以上には早く設営出来ましたが、友人のテントはかなりの大きいサイズで快適空間であった為、我が家以上にテント設営に苦戦していました。

※雨も大変だけど風もかなり影響されます。天候に恵まれるっていうのは大事ですね。でも、後日の感想としては、自然の力に身を委ねられるキャンプなので、本当に良い経験です。

 

これまでのキャンプで一番大変だったテント設営を終えてキャンプがスタートしました。

 

■トイレ

大の方は和式のぼっとん便所。

便器の左側に水が溜まりやすい為、注意が必要です。

小の方は二つ設置されています。

※小しか使用しませんでしたが、臭いは比較的大丈夫でした。

 

■シャワー室

男用には2箇所設置されており、適温のお湯が出てきて、無料という施設でした。

更衣室も設けられてはいますが、山の中に簡易小屋を建ててシャワーを設置したという感じなので、虫とかが苦手だとか、都会派という方でなければ快適です。

 

 

キャンプ場1日目

テント設営後、空模様は回復して快晴となり一安心。

風は相変わらずの強風ではありましたが、太陽の日差しも降り注ぎ、子どもたちも元気に遊び始めました。

 

強風吹き溢れる中、砂浜で小石を投げたり、走りまわったり。

 

夕食のディナーは、魚のホイル焼きや野菜たっぷりスープにウィンナー。

f:id:kusutanet:20180509002915j:image

 

あっという間に日は落ちて夜になりました。

 

移動などで疲れた1日目ということもあり、加えて寒さは相変わらずであった為、とりあえず早い時間帯に就寝することになりました。

 

シャワーをどうするかで一瞬悩みましたが、あまりの風の強さと寒さ、シャワー室のみで風邪を引いてしまう可能性もあった為、お酒も飲まずにテントで寝袋にもぞもぞと入り寝ちゃいました。

f:id:kusutanet:20180509002934j:image

 

キャンプ場2日目

朝は仕事の日と同じような時間、午前6時半頃に目を覚まし、テントから出てみると快晴の天気。

 

風も比較的弱く、これは最高間違いなし。

ということで、のんびりとキャンプ。

子どもたちは砂浜などで体力全開で遊びまわり、海に入りたいと言っていましたが、さすがに5月の海は寒すぎるということで、波打ち際で遊ぶことに。

 

昼からは風が強く吹いてきましたが、この日は港に子どもたちを連れて魚釣りへ。

 

堤防で魚釣りをすることになりましたが強風であった為、子どもたちが海に落ちてしまわないかと心配をしましたが、特に危なげなく、魚も釣れることなく、少し雨も降って来たので退散。

※我が家の長女は魚釣りがもっとしたいと怒っていましたが、雨も強風もという悪天候であった為、キャンプ場へ戻りました。

f:id:kusutanet:20180509003004j:image

 

この日のお昼のランチはなんとピザ!

 

友人が購入したダッチオーブン(Amazon)という鉄鍋のようなものを使って調理。

※ほとんど友人がしています。

f:id:kusutanet:20180509003028j:image

 

こらまた美味しく出来上がったピザでしたが、大人で食べようとしていた最後のピザがなんと、、、

めちゃくちゃ美味しそうに焼きあがってお皿に移そうとした瞬間に地面へ落下し、土へと還りました。。。

 

残念ではありましたが、それ以上に面白い結果になったので最高です♬

 

その後なんやかんやと過ごし(お昼すぎにシャワーを浴びてさっぱり)、夜のディナーは

ローストビーフにおにぎり(焼きおにぎりも)

でした。

f:id:kusutanet:20180509003100j:image

 

これもほんま美味しく出来上がっており、たらふく食べて満腹。

炭火で焼きおにぎり。

雰囲気も味も最高でした!

f:id:kusutanet:20180509003124j:image

 

夜は寒さ対策をした上で焚き火を囲いながら、少しお酒を飲みつつまったりと談笑。

こういう時間もキャンプの楽しみです。

f:id:kusutanet:20180509003142j:image

 

キャンプ場3日目

1日目よりも寝るのが遅かった2日目ですが、朝はほとんど変わりなく起床。

 

どうやら朝のうちは天気も風も安定しているようで、快適な朝となりました。

最終日ということもあった為、子どもたちにマリンシューズ(Amazon)を履かせて海辺へ。

 

波に注意しながら子どもたちは足を海につけて大はしゃぎ。

めちゃくちゃ楽しそうにしてました。

※見ているだけでしたが、楽しさがしっかりと伝わり、終始笑いながら見てました。

f:id:kusutanet:20180509003212j:image

 

キャンプ場ですがチェックアウトの時間はあり、その時間は午前11時。

間に合うようにテントを解体していきますが、気温が上がるにつれて強風が。。。

 

悪戦苦闘しながらテントが片付け、いざフェリー乗り場へ。

※終始、強風と格闘し続けたキャンプでした。

 

帰路までの寄り道・出来事

帰りは行きと同じくフェリーで牛窓港へ。

 

時間的にちょうどお昼時間であった為、近くのレストランで観光地価格のランチを3家族で食べました。

※ご当地料理みたいなことも検討しましたが、大人とほぼ同じ人数の子どもがいた為、すぐに行けるところに決定。

 

ランチ後、

岡山県名物のきび団子を買うしかない!

ということになり、購入先を探して「一本松展望園」という道の駅へ到着。

 

 

自分たちへ、地元の友人たちへなどのお土産を買い、併設されていた遊園地的なところで少し遊んで、最後にスーパー銭湯へ。

f:id:kusutanet:20180509003239j:image

 

たかだか2日ぶりのお風呂でしたが、快適に、爽快な気分になれました。

※自然の中でのキャンプも最高ですが、快適な都会生活も良いですね。

 

そこからはゴールデンウィークで、嫁さんが調べたところによると、1年間で一番高速道路が混雑するという日・時間帯に帰路につきました。

 

大渋滞していることはこれまでの経験からでも明白であった為、高速道路は一切使わずに下道のみで自宅まで帰りました。

しかもノンストップで。

幸いにも眠たくなることもなく、下道の大混雑もなく帰ることが出来ました。

f:id:kusutanet:20180509003259j:image

 

最初から最後まで強風と格闘することになった4回目のキャンプ。

次に行くのはおそらく夏。

今度はどこへ行こうかな。 

 

 

<PS>

久しぶりのブログ更新。

 

忙しかったわけではないですが、パソコンを立ち上げるのが億劫であり、なんやかんやとスマホを見ながら時間を浪費していた感じ。

 

ものすごくもったいない時間を過ごしていたなとは思いつつも、それもその時の自分にとっては意味があったと考え、今まで以上に行動的になろうと思った本日。

 

キャンプへ行く度に装備品が増えていきますが、物欲を満たすだけが全てではなく、精神的に楽しめるような状態に自分があるということが大事だなと。

 

やりたいことをやる。

行動する。