くす太net

『くす太』という管理会社に従事するマンション管理コンサルタントの雑記ブログ。書評・日常・マンション管理のことなど。

2018ユニセフカップ芦屋さくらファンラン(10kmの部)に出走し、無事に完走しました!~超初心者ランナーの完走・感想・歓送w~

どうも、くす太です。

 

仕事関連の考えごとや子どもたちのイベントなどが重なり、2週間くらいランニングが出来ず、少し悶々とした日々を過ごしていました。

 

自分的にめっちゃ久しぶりのランニング。

それが、

2018年3月18日(日)以来のランニングが、

出走2回目のランニング大会となりました。

 

2018ユニセフカップ芦屋さくらファンラン

10㎞の部

に出走し、足の痛みが前回よりも出てしまいましたが、今回も無事に完走することが出来ました。

 

今回は単独出走ではなく、大会当日に初めて会いましたが、一緒に2人の方とエントリーして走る(ラン自体は完全にバラバラ)という貴重な体験をすることも出来ましたので、そんな2回目の大会出走について書いていきます。

f:id:kusutanet:20180411002744j:image

 

 

2018ユニセフカップ芦屋さくらファンラン

2018年4月8日(日)午前10時15分にスタート。

スタート地点は、兵庫県芦屋市にある「芦屋中央公園」。

2回目のマラソン大会「2018 芦屋さくらファンラン|サンスポマラソン」

 

初めて出走した淀川国際ハーフマラソン大会でも思いましたが、人の多いことなんのって。

 

今回は桜シーズン(ほとんど散っていましたが)ということもあり、なおかつ開催場所が公園ということで、本当に多くの出走ランナーと観客や応援の方々がいました。

 

公園内に人が集結しているということもあり、かなりの人口密度。

マラソンって人気スポーツなんだなと感じました。

f:id:kusutanet:20180411002812j:image

 

当日の感じ

初めて参加したマラソン大会よりもスタート時間が30分早かった為、少し早めに家を出て、阪神芦屋駅から徒歩20分のところに受付&スタート地点がある大会ということで、良い感じの準備運動にもなるなと思い、駅からトコトコ歩いて会場へ。

 

 

大会に出走する多くのランナーが会場に向かって団体のように歩いていくので、迷うことなく会場に着くことが出来ました。

 

野球場が受付などになっていた為、到着するなりすぐに向かいましたが、

人、人、人。

 

この前のマラソン大会でも思いましたが、それ以上に人が集まっている感じ。(一か所に人が集まっているので、余計に人が多いと感じたかもしれません)

 

超初心者の一般ランナーであり、スタート地点が後ろであればあるほど、最初の1㎞はものすごく走りづらいことを知った前回の経験を踏まえ、今回は早くにスタート地点に並ぼうと思いましたが、約1時間走る為、念の為にトイレへGO!

 

トイレの行列も半端ない!

f:id:kusutanet:20180411002831j:image

 

結局、スタート時点でかなりの後ろとなってしまいました。

最初はほぼ歩いているようなスピードから、徐々に短いダッシュを繰り返して普通に走れるようなポジション取りを意識しながらのスタートでした。

f:id:kusutanet:20180411002857j:image

 

ランニング中

公園からスタートしたマラソン大会。

 

すぐに公道へ出るんですが、そこから少しすると海へと続く川沿いを走ります。

その川沿いは道幅は狭いんですが、良い感じに風は抜けてて、桜並木。(1週間くらい早ければ桜満開の中走るという最高のシチュエーション・実際はほとんど散っていました)

f:id:kusutanet:20180411002930j:image

 

狭いコースを走る為、若干のストレスを感じながら、人混みを抜けるようにラン。

道は広くなったり狭くなったりの繰り返し。

 

少しずつ前に出ながらスピードも出しつつ。

f:id:kusutanet:20180411002950j:image

 

どちらかというと街中を走っている印象が強かったですが、さらに感じたのはアップダウンが激しい。

 

前回が淀川の河川敷ということもあり、ほとんどアップダウンもないというコースでしたが、今回はアップダウンもあれば、うねうねもするという走りにくさもあるコースでした。

 

ですが、

芦屋浜にも面しているコースであり、海沿いを走る為、ほんまに気持ち良く走ることが出来ました。

f:id:kusutanet:20180411003012j:image

 

ランニング後

心配していた右膝周辺の痛みが5㎞くらいから出始め、9㎞くらいのところで

「痛っ!」

と声が出るほどの痛みが出ましたが、なんとか大幅にペースを下げることなく走りきることが出来ました。 

 

走り終えてしまえば右膝周辺の痛みもほとんどなく、普通に歩いて荷物置き場まで行くことが出来ました。(やっぱり痛みのは走っている時だけ)

 

完走後、すぐに記録証の発行所へ向かいましたが、なんと機械の故障で後に来て下さいとのアナウンス。(声をかけてきたおじいさんがこんな大会は初めてや~と言っていましたが、個人的にはふぅ~んといった感じで着替えに向かいました)

 

機械の故障よりも少し気になったのは、受付やスタート地点・荷物置き場に行くにはコースを横断しなければいけないこと。

 

走り疲れた状態の自分と走っている最中のランナーたち。

この点は改善の余地ありだなと感じました。(単純に迂回路に気付いていなかっただけかもしれませんが)

f:id:kusutanet:20180411003032j:image

 

この日の天気予報は太陽マークのみでしたが、着替えを終えた頃にポツポツと雨が降り出し、傘もなければ雨避けもない状態だった為、少し焦りましたが、すぐに雨は止んで、記録証も無事にゲット。

(ネットタイムは52分40秒・ベストタイム更新!)

 

今回の大会の出走までの過程として、

キングコング西野さんの「えんとつ町のプペル」の映画宣伝チーム<兵庫>で繋がったエントリーだったんですが、

当日初めて会ったお二人とランニングのことを少し

メインに西野さんのことを話ながら帰路に着きました。

 

これから繋がれたら良いなぁ

という初めての体験が出来ました。

f:id:kusutanet:20180411003105j:image

 

感想

スタート直前に知りましたがこの大会は、32回目の開催という歴史あるマラソン大会。

 

走りにくさはありつつも、気持ち良く走れるコースでもありました。

まだまだ超初心者ではありますが、次に出走する時はハーフマラソンで参加したいと思います。

 

やっぱり事前の準備というか日々の練習って大事だなぁと感じた大会でした。

f:id:kusutanet:20180411003136j:image

 

なにをするにしてもですが。

 

では。

 

<PS>

不平不満。。

 

サラリーマンに限らず、多くの人たちが口にしている。

自分もそう。

 

今までは、意見として言っているのに不平不満と受け取られるのは、受け取る側にも問題があると感じ、相手に求めているだけでした。

 

でも、最近思えるようになったこと。

 

それは、

意見を言ってるつもりで、結局は相手の見返りを期待しているだけ。

思っていることだけじゃなくて具体策も提示して、なおかつ行動して結果を示す必要がある

ということ。

 

サラリーマンならなおのことで、言うのは簡単、結果が出すのが大変。

結果は行動して始めてついてくるもの。

 

やっぱり行動が大事だなぁと。

ホリエモンで言うところも、

考えてばっかの小利口よりもバカになれ!

ですね。