くす太net

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画など。

【現状や将来を不安視する人にオススメの一冊!!好きなことをやろう】堀江貴文さんの「好きなことだけで生きていく。」を読了〜感想書評レビュー〜

どうも、くす太です。

 

これまで堀江さんが、書籍だけではなく様々な場面で発信し続けている

「好きなことだけをして生きていく。」

「好きなことを仕事にする。」

などの言葉たち。

 

その言葉たちがそのままタイトルとなった書籍

「好きなことだけで生きていく。」

が出版されました。

 

堀江さんの「本音で生きる-1秒も後悔しない生き方-」を読んだ時にもの凄い感銘を受け、今の自分はダメだと痛感し、変わろうと思い、読書をし始めたり、ブログを書いたりと、たわいもないことを始めましたが、根本的なところでは変われていないと感じていた日々。

 

今年でアラフォーになる自分を今一度、鼓舞してくれる、そんな本書

「好きなことだけで生きていく。」

を読んで感じたことなどを書いていきます。

 

 

本書の概要

著者は堀江貴文さん。

2017年5月に出版。

これまでに出版している書籍や様々な場面で発信し続けている好きなことだけで生きていくという言葉そのままがタイトルになった本書。

 

働く人たちのほとんどが、好きなことを仕事にしたい、楽しく生きたいと思っているけれど、実際には嫌だと思い、ストレスを感じながら、無理をして働いています。

 

しかしながら、人は誰しも好きなことだけを仕事にして生きていけ、さらにこれからの時代は科学の進歩によるAI(人工知能)、IoT(物のインターネット化)などのテクノロジーがどんどん導入されることにより、これまで人がしていた仕事でもしなくてもいいようになり、今以上に好きなことを仕事に出来るように、一歩踏み込んでいうとそうしなければ仕事がなくなります。

 

そんな未来がすぐそこに来ている現在で、好きなことだけで生きていく方法に非常に分かりやすく、熱をもった言葉たちで説明しています。

 

※本書は、①僕が唯一背中を押せる場所、②はじめの一歩はノーリスク・ハイリターン、③僕らには無駄なものが多すぎる、④「好きなこと」だけするためのスキル、⑤不器用なあなたに伝えたいことの5章と前書き・後書きで構成されています。

 

本書で感じたことなど

至るところで共感し、上から目線ではありますが「なるほど」と納得し、行動する意欲を湧き上がらせてもらうことが出来る本書。

その一部に対して感じたことなどをご紹介します。

f:id:kusutanet:20170510100055j:plain

 

自信をコツコツ積み上げる(第2章より)

現時点で天職だと思える仕事に就いていたり、目指すべき目標が定まって突き進んでいる人にとっては関係ないことですが、天職探しは少しでも興味あることを手当たり次第にやっていき、その中でハマるものをマネタイズすることで天職となっていきます。

 

ハマる為にもまず行動して、小さな成功を積み重ねて自信へと繋げていくことが重要なのです。

今の時代、スマホ一つで情報が良くも悪くも集められてしまう為、行動する前に情報収集をしてしまい、結局は判断が中途半端で行動出来ずといった人は多いと思います。

かくいう私もそういう一人なわけです。

 

画一的な教育は不要(第3章より)

現代社会や学校環境で感じることですが、協調性を最重要視しているが為に、積極的な行動が失われています。

 

学校などは特にですが、運動会などでは順位をつけないのだとか。

優劣をなくして、みんな仲良くといったことなのかもしれませんが、それでは競争意欲も失い、努力して他の人よりも上に!!といった向上心が損なわれてしまいます。

 

好きなことや得意なこと、興味のあることなどは人それぞれの十人十色です。

画一的に教育をするのではなく、各個人が興味を持って取り組むことの出来る教育プランへの改革が必要です。 

 

電話は相手の時間を搾取している(第3章より)

私は電話が元々好きではありません。

学生時代はまだマシでしたが、社会人となった今ではほとんど電話をかけることはありません。それは電話をしていると他のことが出来なくなるからです。

 

今の世の中、ほとんどのことがメールやLINEで完結させることが出来ます。

しかもメールなどであればやり取りの証拠も残ります。

自分の都合を押し付ける電話は極力避けた方がいいと思っています。

 

利他的な動機が必要(第3章より)

自分の自己実現や私腹を肥やすこと、いわゆる我欲だけではダメだとされています。

利他的な動機、他人の為や社会の為になることを前提として動く方が成功する道であると。

 

仕事をする相手や投資する先としての他人が、その一個人の成功だけを願っているようでは一緒に仕事をしたいとも、投資したいとも思わないということです。

 

空想に近い抽象的な理想を語るよりも、実現性があり面白みのある未来を語る方が魅力があり、応援したくなるということでしょうか。

 

HIUの凄さ(第1章より)

HIUとは
堀江貴文イノベーション大学校
のことであり、堀江さんが運営されています。
このHIUの何が凄いかというと、単に堀江さんが運営しているというだけではなく、実際に堀江さんと交流ができ、直接のアドバイスや叱咤激励をもらう場であるということ。

誰々が運営しているセミナーやサークルなどは世の中に広くあると思いますが、堀江さんのように多角的に事業展開をして、広い視野で世界を見て動いているような方と、実際に密接に交流できるようなものは少ないと思います。

月2回のイベント(堀江さんと著名人や経済人などの対談など)
や参加者たちによるプロジェクトの実施など、魅力溢れ、且つ実績に富んだ団体は非常に稀です。

それぞれ月額1万円。ただただ凄い!

 

まとめ

自分自身もそうですが、好きなことだけして生きていきたいと思いつつも、そもそも何が好きなのか、この一番重要なことを分かっていない人が非常に多いと思います。

これまでに大胆な行動をほとんど起こしたこともなく、淡々と周りと同じような行動をしていました。

そういう方は多いのではないでしょうか。

 

本書では、この一番重要な好きなことの探し方も書いています。

とにかく手当たり次第に、

気になること

興味のあること

好印象のもの

などをまずはやること!!

結局は情報収集をし続けても「百聞は一見にしかず」で経験に、体験に勝るものなしです。

 

色んなことを経験することで、知識になり、その中の一つでも好きに、ハマれることが出来れば、それをマネタイズすることで、仕事になります。

あっという間に「好きなことが仕事」になります。

 

悩んでばかりないで今こそ、動く時です。

一歩も踏み出せていない人には大きな力となる本書です。

 

いち早く動いて

好きなことだけ生きていきましょう!

 

<PS>

ブログ活動も好きなことを探す為の一つの手段。

Googleアドセンスには一発合格出来ました!

広告はまだ掲載していませんが、気になっていることはどんどん取り組んで、自分が好きなことを見つけていきます。

頑張るの一言です。