読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くす太net

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画など。

【信用!これが一番大事】堀江貴文さんの「ウシジマくんvsホリエモン-人生はカネじゃない!」を読了〜感想書評レビュー〜ワンピースについては違和感!!

どうも、くす太です。

 

堀江貴文さんの「ウシジマくんvsホリエモン-人生はカネじゃない!」を読了しました。

本書でも、これまで一貫して伝えたいメッセージたちが、一切のブレを見せることなく言葉にされていました。

 

 

本書の概要

漫画「闇金ウシジマくん」の主人公・丑嶋馨(うしじまかおる)や闇金融の部下たち、客たちの様々なエピソードから、堀江貴文さんが、搾取されない・奪られない為の知恵や実践的な方法などを紹介しています。

 

共通するメッセージたち(自分なりに解釈している点もあります)

カネとは

信用を表す一つの形として、紙幣や硬貨などのカネがある。カネというものがなかった時は基本は物々、その後、金の交換券が発行され、さらに進んで紙幣などのカネが生まれた。
今では電子化されているものもある為、紙幣などのカネが全てではない。

信用を積み重ねることがカネを積み重ねることになる。

人は自分以外に興味がない

人の目ばかりを気にしてしまうが、他人は思った以上に自分に興味がないものである。自分もそうではないだろうか。
他人からの評価などを気にせずに、自分自身で動いて判断、好きなことをしよう。(当然、他人に迷惑をかけてはいけない。)

洗脳されるな

思い込みであることが多く、社会の常識や世間の常識などに洗脳されてしまい、狭い視野になってしまっている。

価値観などは時代とともに常に変化している。思考停止せずに自分で考えよう!
上を行く人の意見とかを参考にするのはいいが、動きや思考を委ね、任せてはいけない。
優れた情報を浴び、常に思考を止めず、実践を繰り返すことが重要!

諸行無常

不変のものなどない。この世界で唯一無二の原理、絶対的法則。

これまでの価値観や今の考えに固執せず、時代を掴み、流れ、予測しよう!

その為にも情報を吸収しよう!

 

唯一の違和感

他の書籍でも書かれていますが、週刊少年ジャンプで連載されている「ワンピース」について、元々はONE PIECEという秘宝を探し、海賊王になることが目的であったにも関わらず、いつまにか無制限に仲間を信頼し、弱い仲間でも絶対的に守るという友情・仲間意識が主題になっている。目的はどこへ行ったのか、達成する為の仲間ではないのかという意見をされています。

好きな漫画である為、毎週楽しみに読んでいますが、友情や仲間意識が表現されていますが、決して、どんな仲間でも助け守る、といったものではないように思います。

船長であるルフィが海賊王になる為に、秘宝ONE PIECEを見つけ出す為に、集まるべくして集まった仲間であり、それぞれの個性・力があってこそ突き進むことが出来ていると思います。

試練を乗り越えるたびにそれぞれが生長している為、今時点では不要な仲間は出てきていないですが、さらに進路を進める中で淘汰されてしまう仲間が出る可能性があります。

その時に単純な仲良しごっこ、狭い世界での馴れ合いではないことが判明すると思います。

 

まとめ

違和感を感じたワンピースについて書き過ぎた感はありますが、それでも堀江さんの本は楽しい。

多くの書籍を出されていますが、メッセージは共通。社会が良くなることを望まれているのが伝わります。

今を生きる迷える仔羊たちに是非オススメの本書です!!

 

 

では。

<PS>

本書も面白いですが、コラボしている漫画「闇金ウシジマくん」も怖さもある面白いです。(少ししか読んでいないですが。)

 

俳優・山田孝之さんが主人公である丑嶋馨を演じ、実写化もされています。全然知らない方は是非ご覧下さい!