くす太net

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画など。

歴史大作の人気連載漫画『キングダム』の作者、原泰久先生から学んだこと〜情熱大陸より〜

どうも、くす太です。

 

昨晩、TBS系列の毎日放送(MBS)の情熱大陸という番組に、

歴史大作の人気連載漫画『キングダム』の作者、

原泰久先生が出演されていました。

※週刊ヤングジャンプで連載中です。

30分ほどの番組ですが、やはり第一線で活躍している方は違うなと、やはり学ぶところあり!でしたので記事にします。

 

 

原泰久先生について

漫画の師匠は、超名作の漫画「スラムダンク」、「バカボンド」などの作者である井上雄彦先生。
1975年、佐賀県生まれ。
一度はサラリーマンになるも夢を諦めれきれずに27歳で退社。

大ヒットしているキングダムが処女作とのこと。(めちゃくちゃ面白い!)

www.mbs.jp

 

キングダムの概要

中国の春秋戦国時代の戦乱の世が舞台。

主人公は戦争孤児で下僕身分の信(天下の大将軍を目指す)

秦国の王・政(中華統一が目標であり、後の秦の始皇帝)

が身分も立場も違う中で、一つの事件から協力し合い、互いに成長していく歴史大作!!

 

魅力

中華統一までのサクセスストーリー。

次々に発生する主人公たちへの試練!

壮絶な戦いを繰り返し、乗り越える中で成長し、より高みへと、目指すところにどんどん近付いていきます!!

着実に強くなって、強敵との激闘!

勝利していく展開!!

引き込まれまくりです!!!! 

作成の流れ

一人で原案を作成する為、作業部屋に一人泊まり込み、もくもく作業を続けます。

後半には眠気との戦いとなり、一人での作業が20時間以上つづくとか。(机には栄養ドリンクの瓶がたくさんあり、漫画家というのは体力がかなり必要であり、健康でなければ長期間出来ないものであることを痛感!)

f:id:kusutanet:20160915212433j:plain

 

学んだこと

想像力(妄想力)の凄さ

情報源はほとんど<史記>とのこと。(※史記って何?って感じになりました。)

ほとんど情報がない方がストーリーを作りやすいらしく、あの王騎将軍に関するところはほんとにちょびっと(一行レベル)しか記述がないにも関わらず、あのカリスマ性を描き出しています。

マジで想像力が凄すぎ!

独りよがりの妄想ではなく、多くの読者が引き込まれるストーリーであり、展開していきます。

まるで正しい歴史書を漫画にしたかのようです。

※まさか、ほとんど情報なしとは思いませんでした。三国志のように多くの情報ありと思ってました。(完成度が成せる技ですね。)

諦めない心・自分を信じきる

連載当初は鳴かず飛ばずのようでしたが、決して折れることなく、自分を信じ続けることで、今のようなヒットに繋がった。(1巻を読みましたが、最初から面白さ満開!万人ウケに時間がかかったんでしょうか。)

自分を信じ、諦めずに続けることは本当に重要ですね。

相手の想像を超える

会う人たちに自分から次の展開を話してしまうらしく、例えネタバレしてSNSで拡散されても全然問題なし!であり、次の流れを知っていたとしても、その上を行く面白さにする自信があり、更に!!

面白い漫画になるはずと信じている、とおっしゃられていました。(実際にすんごい面白い展開。燃えるような展開がずーーーっと続いています。)

 

もう。。。

トータルしてこの人、

カッケェーーー!!

※仕事に限らず、万人が共感出来る美学の持ち主!

 

読んだことがない人は是非ともこの機会にお読み下さい!! 

では。

<PS>

毎週楽しみにヤングジャンプを読んでいますが、身体を酷使する漫画家業。

身体を壊されないか心配です。

原先生いわく、あと10年は続くとのこと。

ワクワクが止まらない!!