読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くす太net

『くす太』というマンション管理会社に従事する男の雑記ブログ。マンション管理・書籍・映画など。

政府が掲げる働き方改革~政府に頼らず自ら行動を!~みなさんはどう働く?

どうも、くす太です。


安倍政権が掲げている

”働き方改革”
その実現に向け、長時間労働の是正に取組む「働き方改革実現推進室」が9月2日に発足したとの報道がありました。

f:id:kusutanet:20160905224818j:plain


今後、安倍首相を議長とする実現会議の初めての会合を開き、本年度内に具体的な実行計画をまとめる方針とのこと。
※首相から、内閣府で行われた開所式で「世の中から非正規という言葉を一掃していく。長時間労働を自慢する社会を変えていく。」と発言し、同一労働同一賃金の実現と長時間労働の是正に注力する意向を示されました。


この働き方改革、言葉だけを聞いても何をどう改革するのか分かりませんが、
具体的には、

  • 正規雇用と非正規雇用(正社員ではなく契約社員など)の労働者間の賃金差を縮小する[同一労働同一賃金]の実現全く同じ仕事をしているにも関わらず、給料も異なれば待遇も異なるのが現状
  • 長時間労働の是正日本社会では昔から良しとされてきた考え方であり、ブラック企業であるかの一つの指標
  • 高齢者の継続雇用の促進(社会問題でもある高齢社会、当然議題となる内容
  • テレワーク(在宅勤務)による柔軟な働き方の推進インターネットがここまで普及し、スマートホンの保有率も格段に上がっている中、必ず事務所に出勤しないといけない、という考え方は通用しない時代に入っていると思います

 

など、柔軟な働き方の推進といった、働く人の処遇改善を主目的としたテーマで議論される予定だそうです。


この考え方自体にはすごく共感しますし、ブラック企業が蔓延しているこの日本社会において、是非とも実現してもらいたい取組みであり、評価すべきものと思います。


と、ここまでは報道されている内容、一般的なところでの評価を書きましたが、

※以下は普段の書き口調?というのか、少し乱れた口調になりますので、悪しからずご了承下さい。

 

 

この改革、本当に実現しますか。

政府主導で動いたとして改善される時は来るのでしょうか。

f:id:kusutanet:20160905225055j:plain


長時間労働を正しいだとか尊いことだとか賛成しているだとか、そういった思いは一切ありませんし、単に生産性もなく、人間的でもないような長時間労働は断固としてあってはならないものだと考えていますが、

それでも、

長時間労働がなければ成り立たないビジネスもあると思いますし、企業の初期や過渡期などは当然必要になるような気がします。

それに、有給休暇を取りましょう・取らせましょうと毎年のように議論となったり、報道されたりしていますが、実際の有給休暇の取得率なんてたかがしれています。


私が務めている企業は年間休日が約120日(働く環境としてはものすごく良いと思います。)あり、休日出勤などの場合は代休制度や振替休日制度がある為、休日はしっかりと消化することが出来ますが、この休日が取得可能な状況下で有給休暇を消化している人は片手に納まる程度しかいません。


育児休暇も同様です。

女性に至っては取得率がすごく高くなっているものとは思いますが、男性の取得率は微々たるものです。

政府主導で改革を行ったとしても、それに準ずるのはほとんどが大企業か、その考えに全面的賛成をする社長がいる企業しかないと思います。


そこで私が考えることは、
政府であったり、自分が従事する企業であったり、自分以外を頼りにするのではなく、まず頼るべきは自分自身であると思います。

f:id:kusutanet:20160905225126j:plain

ホリエモンこと堀江貴文さんの書籍「ゼロ〜なにもない自分に小さなイチを足していく〜」では下記のように書かれています。
"どんな時でも、ひとりだけ信用してくれる相手がいる、それが自分。その自分に寄せる強固な信用のことを自信という。"

"信用の「ゼロからイチ」はまず自分を信用することから始まる。"

※そのままの引用ではありません。ご了承下さい。

この一冊もすごくオススメです♪

 


サラリーマンとして企業に従事するのみではなく、自分個人として稼げる環境・副業は重要であり、必要な時代であると思います。

企業頼みの中で、倒産する場合や業績が傾きリストラを行う場合が数多く発生しています。
自分に価値を見出し、育て、自ら収入を得ることが出来るようにしなければならないと思います。

本ブログはその意味合いもあり、開始しました。まだまだ始めたばかりではありますが、何かに縛られたままではなく、自由に、そして開放されるべく、日々を過ごしていきます。

ここまでお読み頂いた方々も、一人ではなかなか継続することが難しい時もありますので、互いに切磋琢磨しながら進むのも一つの方法だと思います。
是非、自分自身の改革を行っていきましょう。

f:id:kusutanet:20160905225150j:plain



では。


<PS>

マンション管理業界はいわゆるクレーム業界です。その業界で尚且つ休日もあまり取得出来ないような企業もあるようです。そういった環境と照らし合わせると、自分はすごくいい環境で働けているのだと思います。それでも、この環境に甘んじているだけでは、いつか環境が変化した時に対応出来なくなってしまいます。企業の中にいるだけの人間ではなく、個人として確立することが重要な時代です。

と自らに問いかけ、発破をかけてみました。

 

<考え方を変えるきっかけになった書籍です[一冊紹介]>

副業というか、真剣にブログを続けようと思いました。今でも無料で読めるはずなので、まだ読んだことがない人は一度読んでみて下さい。(2時間ほどで読めます)

自由な人生を手に入れる教科書 

kusutanet.hatenablog.com